大学病院の看護師の業務内容と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



大学病院で働く看護師の仕事

大学病院の看護師

大学病院で働く看護師の仕事は、一般の病院で働く看護師とは仕事の内容が違っているものなのでしょうか。札幌の事情などもあるのでしょうか。

大学病院と一般の病院の看護師とでは、仕事の内容が違っています。大学病院は、一般病院と比較して、「手技」と呼ばれている診療補助が少なくなっています。

建物と木

看護師の本来の役割は、「診療の補助」または「療養上の世話」を行うことです。大学病院の看護師の場合は、「療養上の世話」を行う割合が大きく、一般病院の看護師の場合は、 「診療の補助」を行う割合が大きいと言えます。

大学病院の具体的な仕事は、点滴、胃管の挿入、抗がん剤投与などの処置がありますが、大学病院では看護師に代わって 研修医がこれらの処置を行うようになっている場合がほとんどです。

この理由は、大学病院においては、病院の現場が教育機関も兼ねているためです。

一般的には、平均的な判断基準や知識は、 一般の病院の看護師よりも大学病院の看護師の方が優れているそうです。もちろん、一般の病院でも素晴らしい看護師はいますが、個人差が大きいそうです。

その意味では、大学病院の方が看護師の教育がよく充実しているのではないでしょうか。

平均的な判断基準や知識は、大学病院の方が平均値では高いようです。 札幌の看護師の求人探しや就職の時には、仕事の内容だけでなく、このような違いがあることも覚えておくと良いかもしれません。

大学病院の看護師の求人は、非常に人気が高く、公開の求人情報としては出てこないので、転職サイトを利用するのがおすすめです。

合わせて読みたい関連記事