看護師の勤務体系・3交代制と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



看護師の勤務体系・3交代制の求人について

  • 3交代制の看護師の勤務時間は、最近では多く利用されている仕組みです。

札幌の看護師の勤務体系としても採用されているようです。ここでしっかり確認しをしておきましょう。

3交代制の仕組みは、看護師を3班のグループに分け、それぞれのグループが8時間ずつ仕事をするような仕組みになっています。 3交代制の仕組みを導入している医療機関の場合、看護師は3班の勤務時間の日勤、夜勤、準夜勤のうち、そのどれかの班に組み込まれます。

看護師

でも、看護師は、一度その時間帯を受け持つようになると、その時間帯をずっと受け持つということではありません。

一般的には、ローテーションを行って、いろいろな時間帯に組み込まれます。

日勤の場合の勤務時間は、午前8時から午後4時までになっています。 また、準夜勤の場合の勤務時間は、午後4時から深夜の0時までになっています。 また、夜勤の場合の勤務時間は、深夜の0時から翌朝の午前8時30分ごろまでになっています。

これが3交代制の看護師の基本的な勤務スケジュールになってきます。

一般的に、ある勤務時間帯の看護師の仕事が終った時刻と後の看護師が仕事につく始業時間には、30分程度重なるようにスケジュールが組まれている場合が多いようです。

勤務時間が重なるようにしているのは、前のローテーションの看護師から後の看護師への引き継ぎを行うために時間が必要になってくるからです。 この30分間を使って、患者の様子などについて引き継ぎを行うために、よくコミュニケーションを行って、患者の状況を把握できるようにするのです。

3交代制の勤務体系の所もあるというのを頭に入れて、札幌の看護師の求人を探すのも大切なポイントと言えますね。

合わせて読みたい関連記事