日勤のみの看護師の業務内容と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



日勤のみで働きたいと感じている看護師の転職希望者へ

できれば日勤のみで働きたいと思っている看護師は多いと思います

日勤のみの看護師の仕事は札幌の看護師の求人でも希望者の多い勤務形態の一つです。

ナースステーション

改めて日勤の看護師としての業務内容をおさらい。

日勤のみの看護師は、最初に夜勤が終わった看護師から申し送りを受けます。次に、医者が検診で巡回するので、同伴してサポート役を行います。

また、午前中には、ベッドメイキングを行って、患者のベッドのシーツ交換などを行います。

昼間には、新しい入院患者が入ってくる場合もあるのでその対応もしていきます。対応内容としては、入院生活での注意事項や病棟内での説明を行うことです。

昼食の時間になりますと昼食の配膳をし、安否確認も含めながら一人一人コミュニケーションも取ります。一人で食事が出来ない患者の場合には食事の介助もしてあげます。午後になり、準夜勤の看護師に夕方申し送りをすると、日勤の看護師としての仕事は終わります。

日勤のみの場合は、それぞれの看護師の生活様式を重視した働き方になっています。
看護師

しかし、このように、夜勤など日勤以外の勤務形態と比べ精神的・肉体的な負担が少ないためあまり給与は高くありません。

また病院側もできれば夜勤の看護師を必要としているため、日勤のみの求人は、バイトやパートは多く常勤の正看護師求人はそれほど多くはありません。

それでも、札幌で看護師の求人を探していく中で、”夜勤の仕事はどうしても嫌い”、またはできないという方は、最悪の場合はバイトやパートの日勤のみの求人も視野に入れていく必要も出てきます。

どうしても正看護師で日勤のみのお仕事として就きたいのでしたらサポート会社に頻繁にコンタクトを取ったり、ご自身でも狙った職場に積極的に聞いてみるなど、通常の転職よりもアクションを重ねていくことが大事になってきます。

一番は、本人にとっても病院にとっても、看護師として少しでも長く仕事を続けていくことが大切です。正看護師を狙って時間をかけて探していくのか、パートやアルバイトなどで早めに見つけて転職するのか、自分の生活環境や生活様式をよく見つめて、自分にあった勤務形態を選ぶことが重要となってきます。

 

看護師求人

 

求人と職場

 

合わせて読みたい関連記事