ブランクの不安要素を解消し看護師へ復職と札幌の看護師求人・転職



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



看護師求人

4つのポイントで復職を有利に!ブランク看護師に役立つ復職情報

看護師不足が解消できていない今の時代。

これは看護師の仕事を一度なり退職してから復帰する事に不安を抱えている事が最大の理由です。

せっかく看護学校などに入学し一生懸命勉強して国家試験に合格、看護師免許を無事取得したにも関わらず、たくさんの潜在看護師がいるのです。

少しでも復職に迷っているのでしたら是非読んでいただき、近い未来の復職にお役立てください。

看護師カウンセリング

当サイトでまとめた復職率アップの4ヶ条

  • 共通する復職への不安理由について
  • 面接・再就職に合格するための隠れたコツ
  • 参考にしておきたい復職された理由
  • 参考にしたいブランクの方が復職した理由

看護師の復職を成功させる4か条

不安になる原因を知る

復職の不安な理由はみなさん一緒でした。元々看護師として働いていた方がなんらかの理由で退職し、もう一度現場に復帰したい。つまり復職を目指したいと考えいてる方が多くいます。

ですが、現実はなかなか前に進めず復職への活動をしないうちに諦めてしまっている潜在看護師がたくさんいるのが現状です。

原因は看護技術や知識・業界の動向に対する自信のなさから、職場の人間関係などを中心として経験不足・ブランクによるものから育児と家事の両立、家庭環境や体力の衰えなどによる環境に関する不安を抱える方まで様々な課と思います。

特に過去に看護師として働いた経験があっても、職場を離れてしまうと看護技術や知識、薬の名前や医療機器の扱いなど「不安」になってしまうものです。

ですので、今の自分に足りない技術や知識と働きたい職種・科をしっかり認識することが大事。 悩む看護師

主な不安理由:

  • 現場から離れて期間が経過している
  • 看護師免許だけを取得して現場経験がない
  • 最新機器や看護技術の知識に自信がない
  • 臨床技術についていけないのでは?
  • 同僚と仲良くやっていけるか?
  • 年下の上司と上手くやっていけるか
  • 育児と両立させられるか不安

働ける条件の種類を知る

ブランクのある状態から看護師として復職すると聞けた際に、現在の働ける環境の「種類」を知っておくべきです。
あなた以外の復職を希望する看護師がどのような職場で働きたいと思っているのか? いろいろな理由でブランクがある方が復職を考えるときに「希望する環境」を知っておく必要があります。

自分では思いつかなかったけど、「希望する職場のイメージが出来る」事もあります。

その上であなたの復職したい職場の希望をピックアップしてみましょう。

看護師

復職の方からよく挙げられる希望条件:

  • 託児所の環境がある職場
  • 給料面でこれまでの経験を考慮してくれる
  • 職場に他のママさん看護師がいる環境
  • 研修や看護技術の練習、勉強会が充実している
  • 日勤や夜勤などある勤務用・スケジュールである程度の都合がきく
  • ブランクのある方への理解がある職場
  • 有給や公休がとりやすい

履歴書と面接対策をする

いざ、復職への環境・気持ちも整い本格的に看護師求人を探して応募しようと思ったら

  • 最初に準備すべきものは「履歴書」
  • そして書類選考が通ったら次に「面接」です。

職場復帰に関する自分が不安に思っている内容・自分が希望する職場の環境を把握したら、職場を探して履歴書を送ります。

もし就職先を自分で見つけるのが面倒・自信がないという方は看護師専門の求人サポートを利用するのがお勧めです。→看護師転職サポート

そこでブランクのある看護師が就職に有利になるようなコツをここではお伝えします。これを知っておくと履歴書や面接が有利に進むこともあります。覚えておくと良いでしょう。


『久しぶりに書く履歴書でも大丈夫!履歴書作成たった2つのコツ』

看護学校を卒業してから同じ職場で看護師一筋で働いてきた方にとっては複数回転職されている方と違って履歴書の書き方を忘れてしまって当然です。 どんな内容をどのように見せるのか。また最大限にアピールするにはどんなことを書いたらいいのか。

正直、市販の履歴書に同封されている例だけではわからないものです。そこで、ここでは履歴書で面接に進展するための2つのコツをご紹介します。

 

  • 1.働いていた職場で学んだ事を細かく記載する

履歴書には病院名や会社名などを記入するかと思いますが、職務経歴書には配属していた科目とそこで培った経験を細かく書いておくと良いです。職務経歴書には出来るだけ細かく書くと良いでしょう。
特にどのような経験によって自分にとってどんな知識が身についたか、勉強になったのかなどはアピール材料になりますのでメリットとして記入しましょう。

 

  • 2.ブランク中に勉強したこと・実生活で学んだ事を書く

看護師として働いていた事「以外」で学んだ事を書きましょう。
特にブランク中も復帰のために学んだ事、復帰のために取り組んでいる事や転職や育児休暇などで仕事とは関係ない事も記載すると個性が出ます。


ブランクならでは聞かれる面接準備を

・新卒者には新卒者に沿った面接での質問があります。

・ブランク者にはブランク者に沿った面接での質問があります。

面接では、当然、社会経験や人生経験を積んだブランク者には新卒者とは違った質問があるという事を踏まえておかなければなりません。
特に看護師業界ではたくさんの方がブランク看護師として復職しております。ではどんなこと聞かれるのでしょうか。以下を参考にしてみてください。

つまり晴れて合格へ一歩近づくには、それだけ多くのブランク看護師と面接官も面接している事を念頭に置いて前もって受け答えの準備しておかなければなりません。

喜ぶ看護師

ブランクならではの質問:

  • 看護師として今回復帰する理由はなんですか?
  • 希望の科目や現場はありますか?
  • 復帰してどんな看護師を目指しますか?
  • 復職に関してご家族の理解は?
  • ブランクになっていた理由
  • 休職中は看護の情報収集や復習?

ブランクの方が復職した理由

こんな理由で復職しました。参考にしたいブランクの方が復職した理由として多くの方が休職期間のある中、ブランクから職場復帰しています。もし働ける環境が少しでもあるなら再就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
看護師

復帰理由:

  • 生活費を稼ぐため
  • やっぱり人のために役に立ちたい
  • 子育てが落ち着いた
  • 看護師としてのやりがいを再認識
  • 資格やスキルを活かした仕事をしたい
  • 復職支援してくれる職場が増えたから
  • 現状の環境を変えることで出会いが増えるから
  • 看護師を極めたい

一度辞めて時間が流れ、生活環境も変わりますといろいろと考えも変わってくるものです。是非、みなさんも復職したい理由を挙げて照らし合わせてみてはいかがでしょう。

不安は誰にでもあるものですが、以上のことからも言えますようにみなさんが思っている不安も重なりますし、それを乗り越えて復帰をされた方もたくさんいます。
ちょっとでも勇気が湧いたら履歴書を書くところから始めてみませんか。そして希望の職場をイメージしながら前向きに復職活動をしてみましょう。

→無料で利用できる看護師の就職支援サービス


転職サポート会社を利用する

当サイトでは看護師の転職サポート会社を利用する事をお勧めしています。

その理由は「転職するにはとにかく時間と手間がかかる」という事です。


就職には時間が必要

再就職の経験がある方はわかると思いますが、転職にはとにかく時間がかかります。 いざ新しい就職先を探そうと思ったら「本当に」大変です。

求人雑誌で自分の希望にあった就職先を探す時間・ハローワークや最寄の看護協会に通う時間や手間がかかります。

最初に探したときに見つかれば問題ないですが、そうでなかった場合、自分で良い職場を探すという行動をしなければいけません。

特に他の仕事しながら、子育てや家事をしながら就職先を探すのはあまりにも大変です。最初は頑張りますが、そのうち諦めてしまって適当な職場に就職して後で後悔する事が多く聞かれます。

その点を看護師転職サポート会社に依頼すれば、自分は何もしなくても、あなたの希望する条件を伝えておけば転職コンサルタントが、条件に合う求人募集している職場のリストを持ってきてくれるからです。


就職するためのコツを知らない

就職活動は人生の中でそんなに多くありません。ですのでいざ就職するときに「採用されやすい知識やコツ」を覚えなければいけません。ただ闇雲に行なっても決して理想の職場に就職することが出来ないのですから。

求人募集している会社の探し方・履歴書の書き方のコツ・面接に関する知識・面接対応方法などなど覚えておきたい事はたくさんあります。

その点、看護師転職サポート会社を利用する事で、転職コンサルタントが就職に有利な履歴書の書き方・面接対応・就職に関するサポート全般を行ってくれる点です。


登録から転職サポート・再就職完了するまで「完全無料」
さらにお勧めする点は、看護師の転職サポートを全て「完全無料」で利用できるという事です。

なぜ無料なのか?お金の動く仕組みについては、看護師は無料で利用出来て、就職先が決まった場合には、雇用した病院や職場が転職サポート会社が報酬を与える仕組みだからです。

そのような仕組みのため、看護師は無料で利用できるものを活用しない手はありません。

就職先の情報収集から就職サポートを行ってくれるので、年々利用者が増えているようです。

詳しくはこちらから

看護師転職サポートの詳細ページ