呼吸器内科勤務の看護師と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



呼吸器内科勤務の看護師とは

呼吸器内科では、気管、肺、胸膜、胸郭など、呼吸器に関する治療を主にしております。

疾患は、肺癌、肺炎、肺非結核性抗酸菌症、肺結核、急性気管支炎、インフルエンザ、気管支拡張症、肺真菌症、間質性肺炎・肺線維症、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎)、サルコイドーシス、 気管支喘息、悪性中皮腫、縦隔腫瘍、胸膜炎、気胸、睡眠時無呼吸症候群などです。 呼吸器内科の検査は、肺機能検査以外にも、レントゲン、胸部CT、胸部MRI検査、胸部エコー検査、気管支鏡検査、ポリソムノグラフィーなどがあります。

  • 日本のがんにおける死亡者数の第一位は、肺がんです。
  • 高齢者が多く死亡しているのは、肺炎によるものです

今後、高齢者が増加してくるので、呼吸器内科はますます重要になってくるでしょう。 しかし呼吸器内科の専門医の数は、他領域の内科の専門医に比べると少ないのが現状です。

シリンジ

呼吸器内科の看護師は、呼吸器だけでなく、内科の各領域に関する幅広い臨床能力や知識などのスキルが必要とされます。

呼吸器に疾患があると、全身の他の臓器に影響を与えます。 さらに、特にがんや肺炎などは、命に直結する重い病気なので、早い段階で見つけるための検査機器を取り扱う高い技術が求められます。

合わせて読みたい関連記事