眼科での業務内容と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



馴染みのある眼科で働く看護師

眼科は、まぶた、角膜、水晶体、結膜、眼底、眼窩など目に関係する部位の病気を診察、治療をしてくれる科目です

看護師

症例は、物が見えにくくなる近視や遠視、老眼などから、視野がせまくなった、目が乾いたり充血したりして痛みがある、目が疲れやすい、異物が入った感じがする、まぶたが腫れる、などがあります。

検査方法は、視力検査、視野検査、顕微鏡検査、眼圧検査、血液検査、眼底鏡検査、CTスキャンなどが行われます。

このような検査を行うと、緑内障、飛蚊症、網膜剥離、白内障、ドライアイ、アレルギー性結膜炎などの症状が分かります。視力が悪い場合の治療としては、最近ではレーシックを行うクリニックや病院が多くなっています。

レーシック

レーシックは、角膜にレーザーを照射し、屈折力を矯正して遠視、近視、乱視を治す手術です。手術した後は、コンタクトレンズやメガネが要らなくなるという、大変画期的な治療法です。それ以外の手術では、代表的なものとして白内障の手術があります。

眼科は、たまにある重篤な疾患を除くと、ほとんど入院する必要がない分野です。でも、目は、一歩間違うと、失明する恐れがある非常にデリケートなところですので、注意が必要です。

眼科の看護師は、特別に高い技術は必要ではありませんが、患者に診察を安心して受けてもらうために、よくコミュニケーションをとることが大事なことです。科目でも求人数がある眼科は札幌で転職希望の方の目にもとまりやすいかもしれませんので要チェックです。

合わせて読みたい関連記事