人工透析科と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



人工透析科での看護師業務

人工透析とは、腎不全の患者に対し、余分な老廃物や水分を機械で身体の外に出す治療法です。


腎不全とは、糖尿病や高血圧などで腎臓の機能が著しく低下し、老廃物や水分が身体に溜まって、尿毒症状を引き起こすものです。透析治療は、一般的には、週に3回、1回当たり3~4時間かけて行われます。人工透析を行う場合には、事前に、医師の問診があったり、身体測定や血液検査、血圧測定などを行ったりする病院もあります。

人工透析科で働く看護師について

笑顔の福祉士と高齢者

  透析しながらコミュニケーションを 

看護師の仕事は、透析機器を患者の身体に取り付け、患者がベッドに横になると、透析を開始します。患者は、透析が終るまでの間、眠っていたり、テレビを観ていたりしています。

看護師は、この間、検査結果を確認したり、薬の準備などをしたりします。また、透析の間、患者の相談に乗ったり、アドバイスをしてあげたりすることなども、看護師の大事な仕事です。

  • 透析患者数は、全国で30万人を超えると言われておりますが、透析療法もどんどん進歩しています。札幌に関しても高齢者患者が増えると共に透析患者も比例しているようです。求人を見かけたら責任ある仕事と捉え応募しましょう。

看護師は腎臓に関する深い知識だけでなく、常に最新の透析医療に関してもよく勉強しておくことが必要です。例えば、最新の透析器として、「腹膜透析」という血液をきれいにする方法もあります。また、少しでも腎臓に元々の機能が残っていると、その機能を利用しようという方法もあります。

合わせて読みたい関連記事