心臓外科で働く看護師と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



心臓外科で看護師として働くには

心臓や周辺の血管の病気に対して外科的な治療を行う心臓外科

疾病は、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜疾患、胸部大動脈瘤などの胸部大動脈疾患というようなものがあります。

治療法は、基本的には胸部を切開して、心臓や血管を手術します。 虚血性心疾患の場合には、一般的には人工心肺を使った冠動脈バイパス術を行います。 最近では、人工心肺を使わない手術をする病院も多くなってきました。 この手術は、大量出血や脳梗塞などの心配が少ないということです。 胸部大動脈疾患は、自覚症状がないので高齢で見つかることが多いのが特徴です。 心臓外科としては、リスクが高い大きな手術で、合併症の危険もあります。

次に、心臓外科での看護師の働くポイントについて説明していきます

心臓は、命に直結する非常に大切な臓器です。札幌でも心臓外科に転職する看護師は、当然ですが心臓に関する知識について熟知しておく必要があります。

悩む看護師

手術前の対応が大事

手術する前の患者に対して、分かりやすく手術内容を説明し、手術に安心して臨んでもらえるよう努める必要があります。 また、このような疾患は急に起きることが多く患者の命にかかわるため、即刻手術をするような事態になることもあります。 そして手術をしている時間も非常に長くなる場合もありますので、

  • 看護師は、いつも体調を整えて緊張感を保ち、手術の時にはよく医師と連携してスムーズに手術を進行させることが必要です。

合わせて読みたい関連記事