内分泌内科の業務と札幌看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



内分泌内科の勤務内容について

札幌の看護師の求人にもある、内分泌内科に勤務している看護師の業務は、どのようなものなのでしょうか?一般的にはなじみのない科のようにも感じます。

内分泌内科は、体の中のホルモンの異常が原因で起こる病気を治療するクリニックや病院を指します。 このような病気は、大きく「代謝疾患」と「内分泌疾患」の2つに別けられます。 代謝疾患の病気は、糖尿病、高尿酸血症、高脂血症などがあります。 いずれの病気も、外来で投薬を行ったり、運動や食事などの生活習慣の指導などを行ったりして治療を行います。

内分泌疾患の病気は、甲状腺の機能低下や腫瘍、副腎ホルモンの異常や腫瘍、バセドウ病、成長ホルモンなどの脳下垂体ホルモンの異常などがあります。 検査方法は、主に甲状腺超音波、甲状腺吸引細胞検診、副腎静脈サンプリング、骨密度測定などがあります。

このような内分泌内科で看護師が働く際のポイントは、どのようなものなのでしょうか?

内分泌内科の看護師は、内分泌内科の独特な測定機器や手法があるため、その専門的な知識が必要になります。 また、内分泌内科は、身体の全て臓器に関係してくるので、幅広い臓器の知識が要求されます。 産婦人科や小児科などに関する知識も必要です。

喜ぶ看護師

外来の患者の場合は、通院が長期間必要な場合が多いため、患者一人一人に対して、責任を持って対応することが大切です。 入院の患者に対しても、普段からよくコミュニケーションをとって、信頼関係を築くことが大切です。

検査の内容や結果などは、患者にとっては比較的わかりにくいため、正しく理解してもらえるような説明能力も必要です。

科目として札幌市での求人はそう多くはないかもしれませんが、患者に寄り添って対応する事が大事な業務が中心です。転職を考えるならその内容も良く理解しておきましょう。

合わせて読みたい関連記事