消化器内科の看護師と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



消化器内科で働く看護師に必要なモノ

消化器内科に勤務している看護師の業務は、どのようなものなのでしょうか?札幌で看護師求人を探す前にそのポイントをチェックしておきましょう。

消化器内科は、食道、胃、大腸、小腸や唾液腺、胆嚢、膵臓など、幅広い領域の疾病を取り扱うクリニックや病院を指します。 日本では、がん患者の約6割は消化器のがんです。 消化器のがんの多くは、内視鏡検査などで早期に発見することが可能です。

症状は、がん以外にも、各臓器のポリープや潰瘍、胃炎、食中毒、逆流性食道炎、胆石、脂肪肝、膵炎、肝炎、肝硬変、腸閉塞、大腸炎、便秘、下痢などがあります。 検査は、経鼻内視鏡(胃カメラ)、大腸内視鏡(大腸カメラ)、超音波(エコー)、X線検査、頸動脈超音波(頸動脈エコー)、バリウムを使うレントゲン検査などがあります。

このような消化器内科で看護師が働く際のポイントは、どのようなものなのでしょうか?

消化器の疾病は、体のちょっとしただるさや食欲不振、または全く自覚症状がないような場合でも病気のことがあります。 したがって、そのようなちょっとした異常を、的確に判断できる能力が必要になってきます。

特に、がんなどのように発見が遅れると命にかかわる重大な疾病もありますので、高度な技術が求められます。

看護師は、検査機器を取り扱う技術を持っているのは当然のことながら、消化器の病気は、暴食、飲酒、喫煙などの生活習慣が原因で起きる場合が多いので、十分に問診も行う必要があります。

そして、治療した後も再発させないために、看護師は「予防医学」の知識も豊富に持っていることが要求されます。

札幌にも消化器内科の求人は少ないわけではありません。応募の前にどのような仕事内容なのか確認しておくことでスムーズな仕事運びにもつながるのではないでしょうか。

合わせて読みたい関連記事