皮膚科での業務内容と札幌看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



触診や指診をする皮膚科の仕事

皮膚科とは、皮膚に出る全ての病的症状に対して、いろいろな方法で治療するクリニックや病院です。

皮膚の疾患は、などのような皮膚に限定したものや、

  • シミ、湿疹、かぶれ、水虫、あざ、巻き爪、やけど、脱毛症、化膿
  • ヘルペス、皮膚腫瘍、水疱症、アトピー性皮膚炎

などがあります。

ほとんどのものは触診や視診で分かります。

さらに、顕微鏡検査、血液検査、アレルギー検査、遺伝子診断、皮膚エコー検査、皮膚生検、画像検査なども行い、トータル的に診断をする場合もあります。

治療としては、外用薬の内服薬、軟膏などによる薬物療法だけでなく、症状によっては外科的なものも行います。また、対象が身体全体に及ぶため、内科、形成外科などの他の科とも連携しながら治療を行うことが多くなります。札幌で転職を考えている看護師の中で皮膚科担当になるようでしたらある程度、治療に関する知識は身に着けておきましょう。

全身を扱う皮膚科の看護師は、皮膚以外の分野も熟知しておく必要があります。

介護する女性

最近の検査機器は非常に進化してきているので、これらの機器の取扱いにも熟知しておくことが大切です。

患者は、程度の軽い外用薬を塗布して治る方もいれば、重篤な悪性腫瘍などの方もいます。

また、アトピー性皮膚炎の患者も、長い期間の治療が必要となってきます。疾患が重度の患者に対しては、普段から良い信頼関係を保って、治療に安心して専念してもらえるように、よくコミュニケーションをとることが大事です。

合わせて読みたい関連記事