麻酔科での業務内容と札幌の看護師求人



札幌看護師求人を病院や施設などで探している方が読むサイト。正看護師の免許を持つ管理人が、看護師の就職・転職・求人情報を随時更新中。



手術前の患者が多い麻酔科業務

麻酔科での看護師の仕事は以下の通りです。↓ ↓

外科の手術を行う場合に、スムーズに手術を行うために身体を安定させる役割を果たします。

怪我や病気を治す手術では、もし麻酔がないと、手術をしている時に痛みが激しく、そのため脈拍や血圧が上がってきます。

そのため麻酔を使って手術をしている時の、身体の不都合な反応を抑えることが必要です。痛みは手術をした後も続くので、麻酔は術後も有効です。

また、頭痛、腰痛、肩こり、坐骨神経痛など身体が慢性的に痛むという場合は、ペインクリニックも行われます。麻酔の方法は、全身麻酔、局所麻酔、脊椎麻酔など、いろいろあります。

麻酔を行う場合には、患者の状態を、血液検査、心電図、レントゲンなどの検査から詳しく把握する必要があります。そして、患者に直接問診を行って、一番適した麻酔法を選ぶことになります。

札幌でも麻酔科を目指し求人を探すのでしたら以上の事は把握しておきましょう。
看護師が麻酔科で働く時の気を付けておくべき点
看護師

看護師は、患者が手術を行う前に安心して手術が受けられるように、 麻酔法について十分に説明を行う必要があります。また、どんな細かなことでも、もし気にかかることがあれば、患者から遠慮なく話してもらえるような信頼関係を、普段から作っておくように努めることが必要です。

手術をしている時は、患者のそばに常時いて、脈拍や血圧の変化などをよく把握する必要があります。

また、局部麻酔や脊椎麻酔の場合は、患者は意識がはっきりしているので、「頑張って」というようなことを話かけるなどの配慮も大事です。

合わせて読みたい関連記事